経絡治療で心身の調整を朝陽堂鍼灸院がお手伝いします

少ない経穴で適切な刺激

少ない経穴で適切な刺激

              画像の説明                    

 経絡は全身を巡り、それぞれが調和を取りながら身体の調整をしています。例えるなら経絡は路線、経穴は路線上に置かれている駅です。

 ある路線でトラブルが生じた場合、その路線上の駅だけではなく関連する路線に支障が波及します。しかし解決の方法は一つではありません。解決の手段はそのトラブルがどういった類のトラブルかによるからです。

 経絡治療はそのトラブルの原因を脈診で調べる事ができます。

 脈診による適切な経穴の運用ができていれば、少数穴でも十分な効果が期待できます。むしろその方が効く場合が多く見られます。

 鍼の刺入の深さは通常2~3ミリ、深く刺しても5ミリ程度です。経穴は皮膚の下、筋肉の上にあると古来の医書に書かれています。

 多くの経穴を使ったり、強い刺激で施術を受けた後に体調が悪くなる方がいらっしゃいますが、当院はそういった施術を致しません

 当院では経穴の運用に関して、患者さまご自身の脈状に合せた適切な手技を用いて刺激を調整いたしますので、ご心配はまずありません。仮に万一そのような状態になった場合は、速やかにお知らせください。適切な対応をさせて頂きます。

*瞑眩反応(めいげんはんのう)について


―治療の流れにもどる―

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional