経絡治療で心身の調整を朝陽堂鍼灸院がお手伝いします

治療の流れ

治療の流れ

当院の治療は次の順に行って参ります。

予約


治療院正面

 朝陽堂鍼灸院は原則として予約制です。

 あらかじめお時間が決まっていますので時間厳守でお願いいたしますが、診療状況によっては多少お待ちいただくこともあります。


来院


待合室

 施術は主に両腕両足、背中(場合によって腹部)にいたします。

 ご来院時は肘上、膝上、背中が露出しやすい
「楽な服装」でお越しください。


問診

受診時にどのような状態であるのか感じたままにお話ください

 診療では患者さまのその時の状態を患者さまの言葉で伺う事が大切になってきます。

問診票

 たとえば、どのように痛いのか(ズキズキする、チクチクする、ど~んと重たく痛い)など、その表現もまた大切な治療の指標になることがあるからです。

 初診の方はあらかじめ問診票の記入をお願いしますが、細かい事はこちらからお伺いしますのでご安心ください。 

診断はすでに来院した時から始まっています

施術

問診の後ベッドに仰向きになっていただき脈診をします


診療ベッド

 ベッドに横になり落ち着いた状態で両手首の内側で脈診を始めます



 脈診はその時の身体の状況を把握する為の診療の目安として大変重要な診断法であり、当院の診療の要でもあります。


施術は脈診に従って行います


ワゴン

‣脈診に基づきどの経絡に不調和があるか、またどの経絡の歪みがどのように症状に関わっているのかなど、その時の心身の状態を把握します。

‣状態の把握によって扱う経絡と治療に有効的な経穴を選択し、実際に鍼灸を施します。

             ‣少ない経穴で適切な刺激をこころがけます
 

 

治療終了


  • 治療の終了は脈診で判断いたします。
  • 状態により治療を継続する場合はその旨お伝えし、次回の予約を取って頂きます。


その他

診療にかかる時間

 個々によって異なると同時に、その日の状態によっても変わります。

 当院の診療時間の目安はおおよそ初診時で40分~1時間、再診時で20~30分ですが、もっと早い場合もあります。

時間は問題ではありません。大切なのは施術をした時のその方の状態です。

 施術は多すぎても少なすぎてもいけないのです。

受診頻度

治療頻度はその方の状態によって変わってきます。

 鍼灸治療は適切な施術をすれば毎日行ってもよいのです。症状にもよりますが、連日続けて施術することもあります。

同じ病名、症状でもその方の「治癒力」によって鍼の効果に違いが出ます。
通常は週1~2回の受診が多いのですが、状態によってはもう少し間隔を開けて診ることもあります。
また状態が良くなり健康管理のため、リフレッシュのためにご来院下さる方はご都合に合わせてその都度お越しくださいます。

いずれにせよ、その方の状態を診た上で治療頻度を決めさせて頂いておりますが、ご心配な方はご遠慮なくお聞きください。 


キャンセルについて

 ご都合により来院できない場合は、できるだけお早めにご連絡ください。
また予約時間に間に合わず遅れる場合も同様にお願いいたします。

診療中の不安や疑問はご遠慮なくお伝えください


待合2

 診療中、特に脈診時は微妙な変化を捉えるためどうしても集中度が高まりますが、それ以外の時は施術中の不快感や痛み、疑問などご遠慮なくお伝えください。

 当院では、患者さまに余計なご負担をかけて施術することは致しません。鍼灸を生業としている以上、誠実な治療を心掛けている所存ですので、いかなるご遠慮も必要ありません。




診療室の小物達

患者さまが普段じっと見ることが出来ない当院の診療ワゴンの上にある道具などについて紹介していこうと思います。

ワッテ入れ

もぐさ入れ

廃綿入れ

鉗子立て

線香立て

キャンドルポット

衣装篭

 

         info2

 

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional