経絡治療で心身の調整を朝陽堂鍼灸院がお手伝いします

治療方針

治療方針


当院の鍼灸治療は東洋医学の概念に基づいております


当院の治療は経絡治療(けいらくちりょう)です

経絡胃経



 東洋医学では、身体には全身をくまなく巡る14本の「気の流れ」=

「経絡」が存在していると考えています。


 経絡はそれぞれに調和を取りながら潤滑に流れることで健康を維持

しています。病や心身の不調は経絡の不調和に現れます(またその逆

も然り)。
 

 
 当院はこの経絡の調和を図る経絡治療によって全身の調整を

行う事で病を癒し、自然治癒力と自己免疫力を高めると共に未病を治

す手助けを致します。

施術方法


脈

 治療の診断は「脈診」を軸に行います。脈診では患者さまの

左右両手首の脈を診て判断いたしますが、腹部を触診したり舌の状態

を診たりもします。
 



 実際の施術に関しては西洋医学の情報を考慮致しますが、あくまでも東洋医学の概念で行います

ので、原則として患部に直接施術することは致しません

鍼灸治療は病名治療ではない

 極端に申し上げれば、東洋医学の一角を担う鍼灸治療には「病名は関係ない」のです。


 我々鍼灸師が必要とするのは検査データーによる治療ではなく、施術させていただくその方が

「今どういう状態であるか」という事なのです。


 同じ病名であっても個々によって症状や感じ方が違います。病名にとらわれることなく、患者さ

まの現状を脈診で把握しながら、その都度最も適した経穴の運用と効果がもたらされる様な治療を

心掛けています。

 
 もちろん、治療に際しては現状の病名をお伺いして治療に考慮いたしますが、東洋医学の立場か

ら診る症状の緩和と改善には、その方の身体全体を通して知る必要があるという事が大前提です。

その為、同じ病名の方であっても施術に当たり使う経穴が変わってくるのです。



 従って当院では「○○病にはこの経穴でこういう治療」という決まった治療法は致しておりません。

 長い鍼灸治療の歴史を経て「○○病にはこの経穴が効く」とか「△△症状にはこの経穴が効く」

という事は実際にありますが、あくまでもその方の現状を把握したうえで「有効である」と判断し

た場合に用いています。

 以上のことから治療の主眼は病名に関係なく患者さまのその時の状態に置いています。




未病を治す

 東洋医学には症状の改善と治癒はもちろんですが、もう一つ大切な考えがあります。

それは「未病を治す(防ぐ)」という考えです。



 「未病」とは、約2千年前の古来中国の医学書「黄帝内経」から伝わる考え方で、病気になりそう

な不安定な状態の事です。病気にならないように気を付けること=「未病を治す」という事は「健

康管理」であり快適な毎日を続ける「健康維持」でもあります。それを「養生」と言います。



 現代ではこの東洋医学の「未病を治す」という考えを原点として「予防医学」の大切さが言われ

ています。「自分の身体の事は自分が一番よく知っている」、はいその通りです。
 

意識無意識に関わらず心身は正直です


少しでも「あれ?」と思った時が気を付ける時なのだという事があります。

自分で治す

 
 鍼灸治療はもともと人に備わっている「自然治癒力」「自己免疫力」を活かせるように手助けす

る治療法です。

“活かす”とは“生かす”事でもあります


「病は気から」ということばがあります。この「気」は「気もち」の「気」だけではありません。

「気」は本来、人の「生きる力」からきています。その「気」を上手く働かせるには「血」もまた

必要です。「血」は「血液」であり「栄養」です。



 人の身体はこの「気」と「血」の正常な運行によって保たれています。それを調整するのはご本

人です。この働きがしっかりしていれば、ちょっとやそっとの事で崩れることはありません。それ

には日頃の「養生」が大切なのは言うまでもありません。



 鍼灸治療を通して症状の改善がみられるのは、ご本人の「自然治癒力」と「自己免疫力」が着い

た証でもあります。


施術者は女性鍼灸師です

 施術者の性別は診療に関係ありません。しかしながら、女性特有の症状やそれに伴う不定愁訴な

ど、なかなか口にしづらい事もある事と思います。そのような時に少しでも気楽に受診できる場と

して当院をご利用ください。

 また男性の方も同じように昨今は不定愁訴をお持ちになる方が多くなっています。鍼灸治療は体

全体を通してご自身の安定した状態を取り戻す治療でもあります。安定した状態とは精神も含めて

の安定です。

        zukunasi



         info2

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional