経絡治療で心身の調整を朝陽堂鍼灸院がお手伝いします

診断は来院した時から始まります

診断はすでに来院した時から始まっています

 
≪東洋医学には「四診」という四つの診断法があります≫

        1.望診   2.聞診    3.問診   4.切診

1.望診・・・顔や皮膚などの状態を見て判断します

 
 日常的に「顔色が悪い」とか「顔が赤い」と言うことがありますが、望診はそう言った顔面や皮膚の色、体型など見た目の状態を診る事を言います。

 漢方ではよく「舌」を診ますが、これも望診の大切な要素の一つです。

無意識に歩いているその歩き方や手足の動かし方、そういった所作を診ることも望診の一つです。

つまり、入り口を入った時点がすでに診断の始まりであるという訳です。

2.聞診・・・話し方の様子や臭いを診ます

 患者さまのお話具合いによっては力なく弱々しい声音だったり、息を吐きながらヒュウヒュウと話すような話しぶりをなさる方が居ます。

 東洋医学では、こうした声音や声色、呼吸の音(状態)なども診ます。

以外に思われますが、口臭や体臭など臭いもこの聞診に含まれます。

3.問診・・・現在の症状や既往歴、過去にかかった病などを診ます

 問診では、主訴の他に現在の身体の状態から時には精神的な状態を含め、排便や睡眠などの日常の健康状態から既往歴に至るまで、事細かな事を伺います。

 実際の治療でも、一見して主訴と全く関係ない事と思われるような事を聞くことがあります。
それは東洋医学では、身体を取り巻く事物(季節や温度、感情や食べ物などそれこそありとあらゆるもの)が身体と相互に関わりを持っているという概念に由来するからです。

4.切診・・・身体を触診することです

 主な切診には次の物があります。

  • 脈診・・・脈を診ます
  • 腹診・・・お腹(おへその周り)の皮膚の状態をさすったり、軽く押したりして診ます
  • 切経・・・経絡の走行をさぐり状態を調べます

*「切」には「こする」とか「さする」という意味があります


―治療の流れにもどる―

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional